本文へ移動

家づくりコラム

NO152【すまいるほーむの新築】無理の無い新築住宅ローンの組み方【富山市・射水市・高岡市の高性能新築住宅】

2020-03-30
W断熱の高気密・高断熱にこだわったすまいるほーむの営業担当 田開 龍之介です
富山で新築をお考えの方で新築をお考えの方で、新築住宅ローンを組んで新築住宅を建築される方が大半だと思います。
今回は新築住宅ローンの無理の無い組み方について記載します!!
➀新築住宅ローンの無理の無い借り入れ金額の目安
年収に対していくらまでが、無理の無い金額はいくらぐらいなのか目安を記載します。
余裕を持っての返済額にしますと・・・・・
年収の5倍までにおさえる事です!!
年収が600万円の人であれば、3,000万円
年収が400万円の人であれば、2,000万円でおさえるのが、余裕のある新築住宅ローンの借り入れ額になると言われています・・・・
何故、年収の5倍までなのか??
家計の圧迫にならない、急な出費にも対応できる等、余力を残せるからです。
あくまで、理想的な考え方です。実際は新築住宅を建てるのに、土地代金等を入れると足りなくなる方が大半だと思います。
②一般的に年収に対してどれくらいの金額を借り入れが可能なのか??
年収に対しいての25%以内が借り入れをしても安心なラインと言われています。
例・・・年収300万円の方➡年間の借り入れ金額は年収の25%で75万円、月々にすると62,500円の支払いになります。金利を固定金利1.5%の利息での借り入れの場合2,000万円が安心して支払える金額の上限額になります。
年収に応じての安心ボーダーラインの上限
年収400万円の方の場合➡2,700万円・500万円の場合➡3,500万円・600万円の場合➡4100万円になります。
銀行の貸し出す上限は年収の8倍から10倍までは貸してくれる銀行も多いです。⇦MAXの借り入れは危険です
※個信の関係やその他条件もありますが・・・・結構な金額を貸してくれる銀行もあります!!
③返済しやすい金額の目安は??
人により、年収や年齢の差はありますが返済をしやすい金額としては5万円から10万円が支払いをおこないやすい金額と言われています。
家賃をお支払いの方であれば、家賃を目安にしましょう。
現在頭金を新築住宅購入の為に、貯めながら家賃の支払いをおこなっている状態であれば家賃+頭金の為の毎月の貯金額が、支払い可能な額になります。
④早期の繰り上げ返済をおこなましょう。
新築住宅ローンを組んで、ある程度の金額が貯まれば繰り上げ返済をおこないましょう。
(住宅ローン控除を受ける事が可能な期間は、繰り上げ返済をおこなわ無い方が戻りの金額もありますので控除期間が終わってからがオススメです)
繰り上げ返済をおこなう事により、返済の期間を短くするか月々の返済額を減らす事が可能になります。
⑤まとめ
月々の支払いに負担が無い金額で新築住宅ローンを組む事をオススメします。
最長35年の支払いが必要になりますので、すまいるほーむの新築では無理の無い支払での新築住宅ローンを組む事をお勧めします!!
【富山市・射水市・高岡市で叶える高性能なスマートハウス すまいるほーむの高性能新築住宅】
TOPへ戻る