本文へ移動

家づくりコラム

NO151【すまいるほーむの新築】火災保険の仕組みについて【富山市・射水市・高岡市の高性能新築住宅】

2020-03-27
W断熱の高気密・高断熱にこだわったすまいるほーむの営業担当 田開 龍之介です
富山で新築をお考えの方で新築を住宅ローンを組んで加入される場合、火災保険に加入する事が条件になってきます。
そもそも火災保険はどこまで保証される内容なのか??今回は火災保険について記載をしていきます!!
➀火災保険は損害保険の一種で、火災や落雷、風水害などの事故によって生じた建物や家財の損害を補償する保険です。建物とは建物本体やそれに付帯する門・塀・物置などのことで、家財とは建物の中にある家具や衣服などのことを指します。
火事以外にも保険の内容によっては、保証をしてくれる保険になります。
②どのような内容まで火災保険は保証をしてくれるのか??
➀建物のみ・②家財のみ・③建物・家財の保証の大きく分けて3種類の保証をしてくれる内容に分かれます。
建物のみ➡建物本体・ガレージ・門柱等が保証の対象になります。
家財のみ➡家電や家具・衣類等を保証してくれる内容になります。(建物の保証は無いです)
建物+家財=全てを保証してくれる内容になります。
 
③火災保険が適応される災害の内容は??
火災保険は文字だけ確認すると、火災のみの保険と思われる方も多いと思いまが実際は火災以外にも
水災・風災・落雷・爆災・盗難・破損等にも適応される火災保険もあります。
保険の内容を良く確認して申し込みをしましょう。
④火災保険に加入をしなかった場合のリスク
ケース➀➡近隣の住宅が火事になり、自宅が燃えた場合。
隣地の住宅が保証をしてくれるものだと、普通は思いますがそうでは無く火災元の家は支払う義務が無い事が法律で決まっています。
万が一出火もとでも無いのに住宅が燃えてしまった時に火災保険に加入していない事により、いらぬ出費を出す必要がでてきます。
ケース②➡自分の家が火事の原因で燃えた場合。
火災の原因がどうあれ、家の修復中の仮住まいの費用や新たに家具や家電の買い直し等が必要になります。
その出費を考えると火災保険に加入をしている事をオススメします!!
⑤火災保険と地震保険の関係
日本の保険の場合、地震保険への単体加入はありません。
火災保険に加入をしている事が地震保険に加入できる条件になっています。
地震による火災の場合は、火災保険のみの加入だと保険のおりない内容もでてきますので、注意をしましょう。
火災保険の加入に関しましては、新築住宅の場合、引渡までに加入先の決定が必要になります!!!
【富山市・射水市・高岡市で叶える高性能なスマートハウス すまいるほーむの高性能新築住宅】
TOPへ戻る