本文へ移動

家づくりコラム

NO150【すまいるほーむの新築】住宅の予算の考え方について【富山市・射水市・高岡市の高性能新築住宅】

2020-03-24
W断熱の高気密・高断熱にこだわったすまいるほーむの営業担当 田開 龍之介です
富山で新築をお考えの方で新築住宅を建てる時に、何件か新築会社を周られる方が大半だと思います。その中でも各社金額はバラバラです、予算の振り分けの考え方も違うと思います。
今回は新築の予算の考え方について記載します。
予算はどのように決めれば良いのか??
住宅展示場等に行けば、新築ハウスメーカーが一か所に固まってありますので予算の参考に周るのは良いかもしれません。
※注意して欲しいのが、展示場にいているスタッフも営業の仕事になりますので自社のアピールをおこなってきます。単純に中を見学したいだけでも営業はされますので、30分から1時間くらいは短くとも話しを聞く事になると思います。
1カ所に集まっているから色々な会社を観て周る事もできますが、労力は必要になります。
➀新築会社を周るにもまずは、情報収取をおこないましょう。
現在はインターネットでの検索も可能ですので、まずはHP等を確認してどのような会社なのか?
いくらくらいで新築住宅を建築する事ができるのか?
自分の理想としている新築住宅を建築してもらう事は可能なのか??
ある程度の絞り込みをしてから新築住宅会社に周る方が、効率は良いです。
ポイント➡住宅会社に話しを聞きに行く前に、ある程度月々の支払いはいくらくらいまでに、おさえておきたいかを決めておきましょう。
予算に全然合わない新築会社を観に行っても理想が大きくなるだけで、実際に建てれても後々後悔をする可能性の方が大きいです、何故後悔するのか??➡単純に月々の支払いに追われて生活が苦しくなる事もあるからです、最悪新築で建築した家を売らないといけない場合もでてきます。
そうなら無い為にも月々の支払い予算は決めておきましょう。
現在が賃貸でお住まいの方の場合は、現在の家賃支払いに余裕があり予算を上げても大丈夫なのか??
それとも現在の賃料よりも下げた金額で新築を建築したいのか?
月々ベースで考えましょう!!
②どのような新築住宅を建てたいのか??
注文住宅??・建売住宅??・パッケージ住宅??大きく分けると3パターンに分かれます。
どのようなタイプの新築住宅で考えますか??
ちなみにプラスワンの新築は設備機器等は決まっている商品になりますが、間取りは自由にできる注文住宅タイプになっています。
③新築会社に行って話しを聞きましょう予算のアドバイスもしてくれます。
月々の支払い予算・どのようなタイプの新築住宅を建てたいかが決まれば、会社に見学に行きましょう。
会社見学の際の注意点は、話しをちゃんと聞いて提案をしてくれるかどうか??
重要なポイントになります。➡目先の売り上げのみを考えている会社は辞めましょう。
理想の土地・建物の大きさを伝えた時に、予算を大きく上回る方も中にはいます、その時に予算に合わせるなら建物の大きさを小さくするか、土地の場所を変える提案を持ちかけてくれるか等の予算を重視して考えてくれる新築会社の方が、お客様の事を考えている会社になります。
目先の利益を重要視している新築会社の場合は、ボーナス払いをしてくれると月々の支払いは予算におさまりますや、将来は年収も上がると思うので、今が苦しくても将来大丈夫ですよ等の根拠の無いトークで金額を上げる会社もあるようです。
そのような会社の場合は、新築を建築した後の事まで考えてくれている会社ではありませんので注意しましょう。
④予算を削る場合はどうしたら良いか??
何を重要視するかにより、変わってきます。
土地を重要と考えるのか?・建物の大きさなのか?・立派な性能の設備機器なのか?・外構の内容を削るのか?
考え方は人それぞれ違います、金額の大きいものからいけば建物の大きさ➡土地➡設備機器➡外構費になるかと思います。
妥協しやすい内容は設備機器と外構の内容になるかと思います。
設備機器は1生使えるものでは無いです、15年から20年もすれば潰れます。
外構に関してもサンルームを諦める、カーポートを諦める事により50万から100万円は浮かす事はできます。
建物の大きさも将来を見据えて本当に必要な大きさなのか?
土地に関しては妥協が難しい方も多いですが、予算が合わない場合は妥協も必要です。
本当に必要なのか、目先の内容だけで欲しいと思っているのかを再度確認しましょう。
すまいるほーむの新築では、月々の予算を重要視して新築の提案をおこなっています、無理の無い資金計画で新築住宅を建築するようにしましょう。
【富山市・射水市・高岡市で叶える高性能なスマートハウス すまいるほーむの高性能新築住宅】
TOPへ戻る