本文へ移動

家づくりコラム

NO144【すまいるほーむの新築】住宅ローンが落ちる理由【富山市・射水市・高岡市の高性能新築住宅】

2020-02-18
W断熱の高気密・高断熱にこだわったすまいるほーむの営業担当 田開 龍之介です
富山で新築をお考えの方で住宅ローンで新築住宅を購入される方が大半だと思います!!
中には住宅ローンの審査が通過できない方もいらしゃいます。今回は住宅ローンが落ちる理由を記載します。
何故審査に落ちるのか??
➀返済負担率を超えている・・・
年収に対しての借り入れ額が多い場合は返済負担率という項目でひっかかります。
②その人自身の信用度が基準を満たしていない・・・
転職等をして勤続年数が1年以内・起業して2年以内の場合は信用度で引っかかる事があります。
➂返済ができていないローンがある・・・・
ほかの債務においての返済情報も審査に左右してきます。遅延情報などが残っていると信用度は下がってしまうため、住宅ローンを借りることは難しくなります。
金融事故をおこした場合は返済をおこなったとしても、最低5年間はデーターが残りますので借り入れは不可能な状態になります。
④健康状態が良好でない・・・・
団体信用生命保険への加入が必須項目になりますので、健康状態等で借り入れが不可能な場合もあります。
※フラット35の場合は団体生命保険の加入が必須では無いので可能です。
⑤担保評価・・・・
建物の担保評価でも影響はあります、住宅ローンの場合支払いが無理と判断されたタイミングで担保とされている住宅と土地を押さえられる事になります。評価額に満たしていない場合は、落ちる可能性もあります。
【富山市・射水市・高岡市で叶える高性能なスマートハウス すまいるほーむの高性能新築住宅】
TOPへ戻る