2021/10/21

24時間換気システムについて

24時間換気システムについて

優れた住宅性能の住まいを支えるダクトレス熱交換換気システム

断熱・気密性が高い住まいほど、その性能を100%発揮するために、優れた換気システムが必要になります。すまいるほーむが採用しているのは、「ダクトレスの熱交換換気システム」。熱交換率93%という性能が冷暖房の効率低下を防ぎ、室内の空気をクリーンに保ち続けます。

W断熱の住まいの性能を引き出すずば抜けた熱交換率

2121

今の住まいには、0.5回/hの換気が義務付けられています。2時間で家の中の空気が入れ替わるようにしなければなりません。せっかく高気密・高断熱化して暖房効率を高めても、換気で外の冷気(熱気)が直接入ってきてしまっては、高気密・高断熱住宅のメリットが活かされません。


そこで重要となるのが、換気の際に室内の暖まった熱(涼しい熱)をフレッシュな空気に移す熱交換です。採用する換気システムの熱交換率は、国内最高レベルの93%。例えば、室温が20℃、外気温が0℃だとすれば、熱交換により新鮮な空気を18.6℃にして家の中に届けることができます。

換気による室温変化が少なければ、その分、快適に過ごせるだけでなく、冷暖房効率も下がらないので、電気代のかからない省エネな暮らしが叶います。

長年住んで違いがわかるメンテナンスが楽なダクトレス方式の換気システム

232

多くの住まいで採用されているのは、各部屋に換気用ダクトを通す換気システムです。この場合、天井裏に換気システムの本体が搭載されることが多く、フィルター掃除がすごく大変です。また、長く使っているうちにダクト内に結露が起き、専門業者によるメンテナンスも必要になります。


こうしたメンテナンスの手間・費用負担を減らすために、すまいるほーむではダクトレスの換気システムを採用しています。この方式は、換気ダクトがないため、ダクトのメンテナンスが必要ありません。換気フィルターの掃除もしやすく、女性でも簡単にできます。専用フィルターはネットで買うことができ、交換もご家族でできるので、維持管理が楽です。

CO2モニター装備でコロナ禍でも安心

最新の換気システムには、室内のCO2濃度を測定して換気量を自動制御するシステムが搭載されています。コロナ禍で換気の重要性がこれまで以上に高まっていますが、この換気システムなら室内のCO2濃度を感知して、換気を自動制御するので、室内の空気環境は常にクリーンな状態が保たれます。

換気システムの消費電力は年間2,000円ほど。家計に優しいのも特長

一般的なサイズの住まいに搭載する換気装置は4〜6台ほど。換気システムの消費電力は1.6W/1台なので、4台の換気システムを搭載しても消費電力は6.4W。年間の電気代は2,000円ほど。24時間365日換気システムを稼働しても電気代はわずかなので、安心して使い続けることができます。