本文へ移動
Smile Home
すまいるほーむの3つのこだわり
W断熱

富山県は湿度が高く、冬は寒くて夏は蒸し暑い特別な気候風土の県です。冬の寒さ夏の蒸し暑さや湿気から家を守るために、すまいるほーむがオススメしているのが一般的な断熱工法(充填)と外張断熱工法両方の良い所を進化させた「W断熱」です。
施工コストを抑えながら、気密性の高い、断熱性に優れ、防火性・防音性も向上した快適な住まいを実現しました。冷暖房の年間ランニングコストは、一般的な木造住宅の2分の1以下。夏は涼しく冬は暖かい、一年中春のような快適さです。

W断熱とは

暖かさを保ちながら、壁内結露も抑える、W断熱の威力

W断熱仕様イメージ
W断熱スタンダード仕様
グラスウールなどの充填断熱材を使用した場合、施工によっては壁内で結露が発生しカビや腐食の原因となり、家の寿命を短くする場合があります。その点、外張り断熱なら壁の外側で断熱するので、壁の内側の結露を抑えます。これが外張り断熱が支持される大きな理由ですが、しかし、外張り断熱の家は充填断熱の家より寒くなる場合があります。外張り断熱パネルはグラスウールより断熱性能が高く壁内結露の抑制に効果的ですが、施工上、厚みのある断熱材を張れないため、充填断熱のグラスウールと比較すると断熱性が劣る場合があります。
 

断熱工法の比較

断熱は外張り断熱と充填断熱に分けられます。

外張り断熱

外張り断熱イメージ
外壁面の柱の外側に断熱材を取付け、家全体をすっぽり覆います。
長所   欠点
壁内結露を抑えることが出来ます。隙間なく気密性が高まります。   断熱材が薄く断熱性能が低い。

充填断熱

充填断熱イメージ
外壁面の柱と柱の間に断熱材を充填施工します。
 
長所   欠点
断熱材を厚く、断熱性が高い。施工費が安い。   壁内結露がおきやすい。隙間が出来やすい。
W断熱の効果図
■外気温度に左右されない安定した室内温度が保てます。
ハイブリッド断熱

外張り断熱材

外張り断熱材イメージ
カネライト35mm

充填断熱材

充填断熱材イメージ
グラスウール100mm

充填断熱材

充填断熱材イメージ
セルローズファイバー
外張り断熱の
メリットデメリット
充填断熱の
メリットデメリット
●壁内結露を抑えるのに効果的。
●隙間が少なく、気密性が高い。
●断熱材が薄く、断熱性が低い。
●断熱材を厚く出来、断熱性が高い。
●施工コストが安い。(グラスウールの場合)
●壁内結露を起こすおそれがある。
●隙間が出来やすい。
お互いのメリットを高めデメリットを克服する
株式会社すまいるほーむ
〒939-8015
富山県富山市中川原334
TEL.076-421-1441
フリーダイヤル
0120-81-4016
 
TOPへ戻る