外観デザインやインテリアも大切ですが

それ以上に造り直すことが出来ない「構造」を重視した家

長期資産価値を高め次世代へと受継ぐ家づくりをお届けします。

こだわりの材質

家を長持ちさせる、外壁通気層+防湿ボード(サーモプライ)

壁内の結露を抑えることが家を長持ちさせる大きなポイント。
すまいるほ−むでは、外壁側の通気層と防湿ボード(サーモプライ)により、壁内への結露対策を万全にしています。

土台には、シロアリに強い桧(ひのき)を使用しています。

土台には4寸角(120×120角)の桧を使用。防腐防蟻効果の成分を元々持っている性質の木です。また、地面より高さ1mの範国には白アリ防蟻処理を施しています。さらに、壁の中もW断熱により湿気対策が行き届いており、白アリが好まない環境になっているので安心です。

白アリ防蟻保障5年

建物を支える、地盤と基礎。安心の住まいは、まずここが重要です。

ベタ基礎工事(全棟標準)

ベタ基礎 建物の底面全体にわたってコンクリートスラブ(床板)を敷き詰める基礎工法で一般的な布基礎よりも強固で不同沈下を起こしにくくなります。

ベタ基礎 本当のベタ基礎と呼べる、異形鉄筋◎13配筋ピッチ200。ピッチが広すぎたり、鉄筋が細いとベタ基礎本来の強度が発揮できません。

基礎の断面積は公庫基準の約1.25倍

地盤調査

適切な地盤改良で地盤強度を高めます。 躯休や基礎をどれだけ強固にしても、それを受け止める地盤に耐力がなければ強い住宅とはいえません。
「すまいるほ−む」では全棟に地盤調査専門会社による地耐力調査を実施し、敷地の土質や水位、長期許容支持力などのデータに基づいた基礎施工を行っております。

コーナーハンチ

コーナーハンチ

基礎の四隅の部分は地震の際、強い力を受ける部分ですのでコーナーハンチを設け、厚くすることで耐震性と耐久性を高めています。

大地震(たて揺れよこ揺れ)や台風にも強いすまいるほーむのパネル工法

筋交いのある木造軸組みに耐力パネル(サーモプライ)をプラスすることにより壁倍率2倍(筋交い部分は4倍)

1階・2階床は剛床28mmで水平剛性が従来の2倍

高耐久性が、大切な家族を守ります。

パネル工法は、剛性を高めた柱と壁と床を一体化したモノコック構造。
柱の外側を耐力パネル(壁倍率2.0)で覆うことにより、外壁部分すべてに筋交いが入ったのと同じ強度になります。(ちなみにツーバイフォー住宅の壁倍率は1.5)

さらに!構造用耐力パネル(サーモプライ)は

構造用耐力パネル(サーモプライ)

●透湿抵抗が1,000-h-mmhg/g以上なので
 外部からの湿気をシャットアウト。
●室内への空気の侵入をコントロールし、
 断熱効果を高めます。
●施工中も雨風の室内への侵入を防ぎます。

構造材は品質にバラ付きが少ない集成材を使用。(オプション)

「強度のある木」構造用集成材を標準で使用しています。

●含水率を15%以下に乾燥し、狂い、収縮を減少

含水率比較

生きものである木は50〜200%の水分を含んでいるため、乾燥が不充分だと強度低下、反り、割れを生じてしまいます。そのため集成材に用いる木材は天然乾燥に加え、さらに乾燥装置によって木の細胞膜中の水分まで放出させ、含水率を15%以下(一般ムク材は18%前後)にまで落として反り、割れを防ぎ、強度アップを図っています。
●鉄・コンクリートより強く建物の軽量化が可能
木材の力学的性質のうち、単位重量当たりの強度を比較するとスギと鉄では約4倍、コンクリートでは約5倍の差があります。そのため建物重量は大幅に軽量化が可能で、基礎は、より小さくなり、施工も容易になって、建物のコストダウンに結びつきます。
●断面の大きい集成材は防火性能が高い
木材は燃えますが、断面が大きくなると表面は焦げて炭化層ができ、酸素の供給が絶たれ、燃え難くなり、1000℃以上になっても必要強度は保たれます。建築基準法令でも集成材の防火性能は認められております。
●半永久的な耐久性を実現
木材の耐久力は、管理条件を整えれば古代建築で実証されている通り半永久的です。
木材は塩分、薬品に強く、海岸に近い建物や薬品を使用する工場等に適しております。
木造での大きな空間をとった公共の建築物(体育館等)にも集成材が多く採用されています。
●集成材とホルムアルデヒドについて

1.JAS規格の改正

集成材のJAS規格のホルムアルデヒド放散量基準は次のとおり改正されました。

ホルムアルデヒド放散量基準表
新規格は、平成15年3月施工

2.集成材と建築基準法ホルムアルデヒド規制との関係について

(1)集成材の軸材(柱、梁、長押、鴨居、敷居、窓枠、枠材、階段の手摺、支柱、側板など)は「規制対象外」です。自由に使用できます。ただし、「線的な部分の面積が設置部分の見付面積の1/10を超える場合」は規制対象となり、使用面積の制限を受ける場合があります。
(2)軸材、面材(床材、壁材、カウンターの天板、階段の踏板、蹴込板など)を問わず、「F☆☆☆☆」は規制対象外です。自由に使用できます。
(3)「F☆☆☆」「F☆☆」の面材は、内装仕上材として使用する場合、使用面積の制限を受ける場合があります。
(4)「F☆S」の面材は、内装仕上材として使用できません。
(平成15年7月1日から施行)

スマートハウス(オプション)

太陽光発電システム

スマート太陽光発電システムでかしこく暮らす。

光熱費やCO2の削減はもちろん。屋根一体型デザインなので見た目もスッキリ。スマート太陽光発電システムで、エコ&スマートな暮らしが始まります。

余剰電力はkW48円で買い取ってくれます!

太陽光発電で自給自足。
余った電気は売電できます。

自然光がサンサンと降り注ぐ屋根の上で「太陽電池モジュール」が発電した直流電流を「接続箱」へ送り、「パワーコンディショナ」で交流電流に変換するシステムです。すべて自動運転なので操作は不要。発電・消費状況は「モニター」で確認することができます。また、日中に発電して余った電力は電力会社が買い取ってくれるので、普段通りに暮らすだけで、毎日がエコになる頼もしい住まいです。

さらに強く、スマートに!免震・耐震オプション(オプション)

免震・耐震オプション

さらなる安心を生む免震システム

建物の足元を字面から切り離し、その間に免震装置を組み込んで地震の激しい揺れを受け流す「免震システム」。建物が受ける力が大幅に低減されるため、建物と家具や設備、人の安全を確保することができます。

大地震にも安心の制震ダンパー

制震ダンパー 耐震性(強度)と制震性(減衰)を併せ持つ“二重の安心”システム。地震動エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収することで、地震の揺れを軽減します。開口部を耐力壁化し、より自由な設計が可能に。さらに簡単施工で、メンテナンスも不要。末永く安心なシステムです。